大魔王ゾーマを2人で討伐してみました!

大魔王ゾーマのイベント会場で写真をパシャリ。 冒険日誌で撮影場所「ルイーダの酒場」の文字を確認して完了です。 これでロトのオルゴールがもらえるはずですね。   ところで以前挑戦した大魔王ゾーマの2人討伐ですが 改めて挑戦してみることにしました。 【まんまる堂リンク】 ゾーマ2人討伐に挑戦してみました! あの時依頼、何度か練習は重ねてきたのです。   ゾーマ2人討伐 ちなみにひかりのたまは使います。 闇ゾーマではなく普通のゾーマです。 ここは闇を行くべきでしょって思うかもしれませんが 普通のゾーマでも2人討伐は相当な難易度なんですよ。 例えるならメイヴ5くらいだと思います。   挑戦すること約3時間…。 やっぱり後半戦が鬼門ですね。   マヒャデドスや輝く息で約200のダメージ。 滅びの愉悦、死絶の美学、魔王の抱擁といった 数々の恐ろしい専用特技で約200を超えるダメージ。 賢者の石の回復量が間に合わなくてジリ貧です。   何度も何度も全滅を繰り返した結果   ようやく討伐に成功しましたよ。 うれしいよおおおぉぉぉおおお!!ヽ(゚∀゚)ノ   動画もアップしてみたのでぜひご覧ください。 敵の名前が黄色になってからが本番です。   討伐のコツ 戦闘の要は戦士のチャージタックルにあると思いました。 ピンチになってきた時にチャージタックルで隙を作ることで 勇者が賢者の石を使うための余裕を作り出すのです。 前半戦も気が抜けません。   後半戦は大魔王ゾーマの行動が変化します。 滅びの愉悦⇒死絶の美学⇒魔王の抱擁と 一定の間隔で3連コンボを使ってくるのがポイントです。 ・滅びの愉悦:前方範囲。避けられないので高HPで耐える。 ・死絶の美学:対象とその範囲。2人でダメージを分散させて耐える。 ・魔王の抱擁:大魔王ゾーマの周囲。見てから離れて避ける。   上記が定番の耐え方避け方ですが ここの死絶の美学のタイミングで 戦士がチャージタックルを入れてやるのです。 そうすれば次の魔王の抱擁を避けつつ 滅びの愉悦で受けたダメージを回復する余裕が生まれます。   通常通りに滅びの愉悦⇒死絶の美学と使われると 全滅の可能性がとても高い最大の要所です。   大魔王ゾーマを引っ張り続けると 滅びの愉悦をすっ飛ばして 死

ドラクエドラクエ10

まんまる堂 【ドラクエ】 13日前

この記事を見に行く! この記事をお気に入りに登録!